2019/12/08

ボーっとする



ハンモック.jpg


一角に
ハンモックが !!

ヒマを
見つけては。

ボーっとしに
いきます。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/07

人、見かけません。



農地.jpg


きれいに
手入れされた
農地。

さぞかし、
大きな農機
なんだろうな。

と、期待。
していましたが ...

全然、
人を見かけません。
機械すら見かけません。

どんな、
働き方なのかな ...
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/06

趣味の世界



車.jpg


ご近所さん。

いろんな方が
いらっしゃいました。

製造から
90年以上の車。

乗車体験
させてもらいました。

素敵です。

素敵ですけど。
排ガスの
臭いがすごい ...

日常使いは
できません。

普段は
どうしているのか
聞いてみると。

馬に乗っている !!

両極端です。

エコなんだか
エコじゃないんだか
わかりません。

完全に
趣味の世界。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/05

牧場



放牧.jpg


お隣さんは。
乳牛の放牧を。

朝になると
牛たちが
やってきます。

適当に移動して。
適当に休んで。

牧歌的って
こういう感じかぁ ...

なんとも のどか。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/04

ビーガン食



ビーガン食.jpg


ヨーロッパの
菜食主義。

巨大な市場。
なのは、
ロンドンでも
感じていたのですが。

飲食店側の視点を
見られたのは
貴重でした。

予約グループ内に
数名、
菜食主義の方々が
いらっしゃいます。

ベジタリアン。
だけでなく、
ビーガンやら。
いろんな主義を
お持ちの方々が。

勉強しないと
どんな主義が
存在するのか。
ついていけません。

メニューから
食べられるものを
選ぶ時代ではなく。

食べたいものを
主張していく。

それくらい
パワーを持っています。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/03

冷製スープ



スープ.jpg


ハーブが
スープに
なりました。

さっぱり
おいしい。

ちょっと
タラゴン摘んできて。
と頼まれごとも。

タラゴン?
どんな見た目?

馴染みがない
ハーブ。
全然、
認識できません。

で、
教えられたのが ...

ミント、わかる?
はい。

ラベンダー、わかる?
はい。

その間くらいに
あるから。
ふむ。

ミントとラベンダー。
ミントとラベンダー。

で、見つけた。
タラゴン。

知らない人が見たら。
ただの雑草です。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/02

ハーブ天国



カモミール.jpg


当たり前だけど ...

気候に適した植物なら、
育て方も簡単。

ほぼ
放ったらかし。

いろんなハーブが
摘み放題。

好きな時に、
カモミールティが
飲めます。

料理の時に、
タイムを摘んだり。

色々摘んで、
ミックスサラダにしたり。

はぁ ...
贅沢 ♪
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/12/01

飼料用かぁ



トウモロコシ.jpg

道中
とうもろこし畑が。

焼トウモロコシにでも、
しようかな、と
思案していたら。

家畜の餌だ、
と教えられました。

各地で
日本食を
期待されるので。

食材を
見かけるたびに。

何ができるかな、と
考えを巡らせます。

できるだけ
シンプルに。

地元の方々が
次回から
調理できるように。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/30

別の地方へ



あひる.jpg

イタリアを終えて。
フランスへ。

今度は ...

飲食店の方々に
お話を伺います。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/29

何から節約?



バール.jpg

経済状態が
悪い時。

支出を抑える
話になりますが ...

何から、
削っていきますか?

ビールが
第三のビールになり。
(新しい市場の誕生)

外食機会を
減らしたり?

イタリア。
経済状態、
よくない時期。

にもかかわらず。

地元の人々は
毎日、バール通い。
日に、何度も。

本当に
生活に根差した
文化なんだろうな、と
感じます。

その上、
数週間の夏休み。

なんかもう ...
人生のあり様が
根本から違う感じ。

EU 北側が
不平等というのも
わかる気もするし。

人間らしい生き方って
気もするし。

バランス。
なんだろうなぁ ...

なんとか。
折り合い、
つきませんかね?
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/27

人気は本当?



緑茶.jpg

グリーンティー。
って
そもそもなんだ!?

そして。

どの程度
浸透しているのか ...

お店を
覗いてみました。

スーパーには、
大体、
置いてます。

ティーパックタイプ。
いわゆる緑茶。

百貨店になると
凝った感じ。

抹茶や玄米茶。
煎茶など。

一緒くたの
グリーンティーとは
違うようです。

きちんとした
ギフトの扱い。

大家さん宅では、
毎朝 緑茶でした。

エスプレッソの国で。
毎朝の一杯が緑茶。

それなりに
浸透しているのかな ...

抹茶だけは
グリーンティーとは
区別され。

マッチャ の呼び名が
浸透しています。

それ以外は
基本 全部
グリーンティー。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/25

パン屋



パン屋.jpg


適当に歩くので。

同じ道、
もう一度行ける自信
ありません。

気になったお店は、
写真に残して。

出直す際の参考に。

と、
思ったら ...

FORNO
お店の名前じゃ
ないらしい !!

パン屋の意味。

あのお店には、
二度と行かれません。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/24

天国の門



天国の扉.jpg


天国への入口?

前は、
人だかり。

地獄への扉を
見た後は、
感慨もひとしお。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/23

豚肉フェス



豚肉フェス.jpg


小さな村々。

それぞれに、
いろんなイベントが
催されています。

芋煮会
みたいな
感じですかね。

豚肉の産地では。

ローストした
豚肉の丸焼き。
レタスとパンに。
ワインとお水のセット。

伝統衣装の村人が。

アコーディオンを弾いたり
ギターを弾いたり。

その周りで
踊ったり。

タイムスリップした
みたいな
空間でした。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/22

聖職者



聖マリア.jpg


がっつり翻訳。

こういうこと
言ってたのかな ...

と、推測しながら
理解した内容です。

聖職者にも
いろんな人がいる
ということ。

接待を
要求する人や。
(A氏)

ほんとに謙虚な人。
などなど。

A氏。
見物している
旅行者(私たち)を見て。

このイベントも
国際色豊かになったな、、
と、ご満悦でした。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/21

がっつり翻訳



イタリア.jpg


翻訳機能、
どの程度
使われますか?

翻訳機能の使い方も、
随分、違います。

翻訳したい内容を
短文、簡潔に。

が、
日本での
一般的な使い方
かな、と。

言語の構造も違うし、
精度も微妙だったり、で。

イタリア。

違います !!

エピソード丸々
話しかけます。

長い ...

内容。

ちょっとした
ラジオです。

しかも、
精度が微妙なので。

???

結局、
なんの話?

状態に。

短文翻訳を
依頼すると。

せっかち

伝えたい熱量が

空回りするみたいで。

不満気です。

話は、
どれも興味深いんです。

今後の
翻訳精度に
期待しています☆
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/20

お盆みたい



キャンドル.jpg


家々の前。

キャンドルが
灯されています。

村の人々が
通りを
歩きます。

お経のように
唱えながら。

お盆と
よく似た印象。

世界の東と西。

弔う方法って。

意外と
似ているもの
なのかもしれません。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/19

パレード



パレード.jpg


外では
何かしら
イベントが
行われています。

マーチングバンドが
通りを盛り上げたり。

教会では、
ミサ?が行われたり。

普段は
静かな街に
たくさんの人が
出ています。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/18

祝日の食事



手打ちパスタ.jpg


ちょうど、
なにかの祝日。

農作業もお休み。

お店も
交通機関も
お休み。

自宅では、
特別な食事を
作ります。

パスタ作り、
体験させて
もらいました。

朝の5時から
作ります。

やっぱり
早い。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/11/17

地獄への入口



電球.jpg


屋上ネタ、
続きます。

部屋へ戻ろうか、、
と出口を見ると ...

まるで、
地獄への入口のよう。

教会の向いにあるのは、
なんとも皮肉。

足元を照らすはずの
電球ですが ...

階段がよく見えず、
踏み外しそうになります。

大家さんファミリーも
認めていました。

世の中で、
一番 意味のない電球 !!

すぐそこに
お店があるわけでもない。

ネット注文も
いつ届くかわからない。

あるもので
なんとかしました。

ないより、まし。

印象的な
赤い灯です。
by m-chiffon | 菓子紀行