2019/10/31

マッサージ



マッサージ.jpg


日本かと、
思いました ...

色々
吸収できた
ロンドンをあとに。

イタリアへ
戻ります。

それにしても、
ロンドン。

物価、
高いですね。

東京が
安過ぎるのかな ...

どちらも、
適当でないような
気もします。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/30

ビール消費量



ビール当番.jpg


ほんと、
よく飲むのに。

驚かされます。

お腹、
膨れませんか !?

興味深かったのは、
ビール当番の
持ち回り制。

グループ内で
順番に、
買い出しへ。

毎回、
箱単位で
買ってきて。

どんどん、
空になっていきます。

これが
試合中、続きます。

10時くらいから
18時くらいまで
この調子です。

体質が
違うんでしょうね ...

わたしは、この間。
ビール1缶だけ。

あとは、
お茶、
飲んでました。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/29

クリケット



PV会場.jpg

滞在中。

クリケット世界大会が
開催されていました。

決勝戦のカードは。

ニュージーランド
vs
イギリス。

同じ日。
ウィンブルドン
男子決勝も。

う〜む ...

どちらも
興味深い。

二つは、
選べません。

クリケット、
見たことないし。

せっかくの
機会なので。

パブリックビューイングへ。

ビジネス街の一角。
モニターやペンチが
用意されていました。

誘ってくれた知人が
ニュージーランドグループ
という
こともあり。

合流させて
もらいましたが ...

会場のど真ん中を
陣取っていました !!

周り、
イギリス人だらけ。

ちょっと、
わたしにはない
メンタリティー。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/28

アルコールOK



デモンストレーション.jpg


レッスン終了後。

先生たちの
デモンストレーションを
見る時間も。

こんなときは、
ビールも
振舞われます。

外国語の授業は、
頭がフル回転。

ビール飲む人?
の声がかかったときは。

真っ先に、
はい、はい、はい!!

もう一人、
真っ先に手を挙げた
ご婦人と。

見合わせて ...

依存症ではないからね 
と、頷きあいました。

頭の緊張を
ほぐすだけ !!
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/27

全面、青い



ケーキ.jpg


ちょうど、
お誕生日の子が
いました。

みんなで、
バースデーソングを
歌って。

ケーキの登場。

青い !!!

日本にはない
発想です。

ない ...
というか。

好まない色味
ですよね。

食品に対して。

だって、
着色するしか
方法がない
パターンですやん !!

ちょっと
よくわからないのが ...

オーガニックが隆盛している
その側で。
添加物を入れるという
アイデアも存在していて。

どこに
向かっているのか ...

選択肢、
ということでしょうか。

話が
逸れました。

固めの
バタークリームと
固めのスポンジ。

がつんと
パンチのある甘さ。

だからから!?
カットしたケーキは、
手で、つまみます。

イギリス人の
好みは、
この感じ!?

わたしの
シフォンケーキは、
だいぶ、
物足りないだろうな ...
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/26

顔らしく



光と影.jpg


顔を描くと
思うなかれ。

光の濃淡を
キャンバスに
落とし込む。

それが、
こちらの学校の
ポリシー。

どうしても。
顔の輪郭がこれで。
目はこんな感じで。

と、頭で認識しようと
してしまいます。

目が慣れるまでは、
ひたすら
訓練あるのみ。
とか ...

最初のうちは、
はい??
どうやって
光と影
描きましょう?

先生。
光と影が
見えません !!

状態でしたが。

1000本ノック並みに。
たくさんの
スケッチを
やっているうちに。

なんか、
ちょっと
掴めた気がします。

なんか、
明るい部分と。

なんか
暗い部分を。

色分けしていったら ...

なんとなく、
人間の顔っぽいものが
出現しました。
な、感覚です。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/25

アートスクール



生徒作品.jpg


ロンドンに
立ち寄ったのは ...

興味深い
アートスクールに
参加するため。

絵画経験ゼロ。
でも ...

一応、
絵画らしく
見えませんか?

参加者の内訳は。

半数は、
現地在住。
半数は
世界中から。

同じモデルを
デッサンしていますが。

描き手の
個性が出ます。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/24

STOP !



ブレグジット.jpg


二階建てバスから
見えたのは ...

STOP BREXIT

の文字。

街には、
いろんな
パレードも。

環境問題や
LGBTQ。
政治に
関するものも。

バスは、
いろんな街の様子を
見せてくれます。

金曜夜のバスでは。

たくさんの
ドラッグクイーンと
出くわしました。

迫力満点 !!
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/23

庶民の足



バス停.jpg


バス。

24時間
稼働する
路線もあります。

終電を
気にすることなく、
出かけられるのも
魅力です。

地下鉄より、
細い通りも
網羅してくれるので。

自宅側まで、
連れて行ってくれます。

何度乗り降りしても、
料金が一定なのも、
うれしい !!

時間に
余裕があれば。

バス旅、
結構
楽しめます。

街々の
雰囲気を眺めながら、
土地勘、
鍛えます。

夜は、
渋滞知らず !!

夜だけは ...
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/22

税金の使い道



ザハ.jpg

イギリスの。

いいな、と
感じるのは。

美術館の
無料開放。

興味ない人には、
興味ない場所。

ですが。

至近距離で
作品を
見られるのは。

とても
貴重な経験。

前回の
エルトンジョンも。
こちらの
ザハハディドも。

ポートレートギャラリーから。

そして、
ザハさん。

亡くなった今でも、
評価は高いよう。

女性建築家で。

彼女ほど
評価された人は
他に、
いないようです。

東京。
オリンピックスタジアムの
ゴタゴタで。

初めて
お名前を知りましたが。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/21

距離感



ロケットマン.jpg


格安航空券の
おかげで。

気軽に
ヨーロッパ内を
移動できます。

ありがたい !!

ちょっと、
ロンドンへ。

超弾丸旅。
日帰りでという
強者も
中にはいます。

東京から、
九州くらいまで。
新幹線で
日帰りの
感覚ですかね。

ちょっと、
しんどいから。

さすがに、
1泊はさせてくれ。
な、距離感です。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/19

必死の螺旋階段



エレベーター.jpg

無理くりに
エレベーターも
取り付けられています。

既存の建物の。
なんとか
見つけ出した
空間に。

2人乗れば
いっぱい。

東京の
満員電車くらいに
押し込んで
3人。

なので、
家族全員が
乗りこむことは
不可能でして ...

女性陣を
エレベーターで
送り出した
大家パパは。

毎回、
ダッシュで
螺旋階段を
駆け下りていきます。

エレガントな
螺旋階段と。

必死の形相。

コントみたいで。
結構、
笑えます !!

超スローな
エレベーター。

階段組と
ゴールは同着。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/17

賃貸でも



リフォーム.jpg


既存の建物を
利用した生活。

街の景観は
守れますが。

快適性との
共存。

どうしているんだろう ...

偶然、
リフォーム中の
お宅を発見。

少し、
覗かせてもらいました。

徹底的に、
作り直すみたいです。

自分たち好みに。

水回りやら、
電気配線やら。
何もかも。

随分、
投資するんですね。

でもこれ。
賃貸物件。

一方。
東京の賃貸。
壁にピン穴すら
開けちゃいけないって。

敢えては
開けないけれども !!

生活してれば、
多少の
傷や汚れは出るもの。

ちょっと、
厳し過ぎやしねえかい!?

寅さんに、
なっちゃうぜ。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/16

ビヨンセ様



歌姫.jpg


美術館で
見かけた
モザイク展示。

相当、
古いもののよう。

石の加工技術、
素晴らしいですね。

昔も今も。

美人の価値観。
あまり、
変わらないのかな ...

はぁ。
お美しい !!
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/14

全部のせ !!



宝石.jpg


別の機会に
訪れた
ジュエリー展。

こちらは ...

トッピング
全部のせました !!
みたいな
仕上がり。

クレオパトラしか、
着こなせません。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/13

いまに同じ



宝石.jpg


遺跡から
発掘された
宝飾品の数々。

指輪の感じ。

現代でも、
みかける
配色にデザイン。

進歩がないのか、
繰り返されているのか。

少なくとも、
美意識の感覚。

脈々と
受け継がれて
いる感じがします。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/12

夜中の祝砲



美術館.jpg


何かの祝日。

美術館、
無料開放
されていました。

やったね♪

日付が変わる頃。
ドーン、ドーンと
銃声。

(聞いたことないけど!)

てっきり、
やばいのかと
思いました。

翌朝、
大家さんに聞いたら ...

祝砲とのこと。

夜中に、
鳴らすのね。

知らないから、
勘違い、勘違い。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/11

アメリカ



アメリカ.jpg


イタリアにおける
アメリカの
立ち位置って。

どんな
感じなんだろう ...
な、体験が。

大家さんのところの
女の子は、
アメリカンガールに
なりたい!!
と、言っていました。

(なぜ!?)

通っている学校には、
オペラを学習する時間が
あるようです。

トゥーランドットや
蝶々夫人なんかも、
見事に
歌い上げてくれます。

一方で。

ネットで
アメリカ音楽にも
触れています。

エンターテイメントの
惹きつける力は、
すごいですね。

どっぷり、
浸かっています。

街で、
道を尋ねた際。

案内をしてくれる、
数メートルの間。

いかに、
アメリカが嫌いかを
しゃべり続ける人もいます。

良くも悪くも。
アメリカはアメリカ。

世界中に
話題を
提供しています。
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/10



和食器.jpg


デパートを
覗いてみたら。

和包丁や
和食器が
販売されていました。

実家で。
大量に保管された
食器の数々。

どれも、
未使用品。

海外に向けに
販売したら
売れるんじゃないかと。

結婚式の
引き出物。

せっかくなら、
喜んで
使ってくださる方に。

届くといいですから ...
by m-chiffon | 菓子紀行

2019/10/09

包丁一本。



ナイフ.jpg


日本の感覚で
料理を始めると。

最初に
ぶつかるのが、
包丁とまな板の
感覚かと。

気持ちよく切れる
ナイフがない!!

一般家庭での
お話です。

スライスだったり。
ザクザク切ったり。

ささっと
できないのは、
かなりのストレス。

せっかく
きれいに巻けた
太巻きも。

最後のカットで、
残念な断面に。

で、気付きました。
アプローチが
違うことに。

当然といえば、
当然。

こちらは、
ナイフとフォークを
使って食事します。

食べる直前に、
自分サイズで
ご自由にどうぞ。
スタイル。

対して、箸文化。
お箸で
とりわけやすいサイズで
調理。

下準備の段階で、
手数が全然
違います。

晒に巻いて
持ち歩きたいよ
マイ包丁。
by m-chiffon | 菓子紀行